アウターハンドルがもげた

近頃乗っているクルマはムーヴカスタムのロゼ。ニューモデルで購入して10年になる。軽自動車で広々と乗れるクルマがいいと思って、ワゴンRかムーヴかLifeかたくさん迷ったが、最後はなんとなくムーヴに決めた。私の大事な乗り物となってくれているムーヴ。軽だから馬力はないが、快適に走っていただける。走行距離は8万間隔を越しているが、少々のぼりたい。一昨日クルマに乗ろうからには、ドアノブのスポットがバキッと割れた。何が起こった分からず驚嘆が、落ち込みで割れた状況。際シールで付けようといった試したが、反対だった。とりわけ扉は解くので、支障はないが印象がダサいので、行きつけの車屋にとって行ったら、交換するしかないという。金は7000円ほど。痛い出費です。ドアノブは、アウターハンドルというらしく、そういう言い方だとは知らなかった。10年も乗れば劣化してくるのは当然だし、明後日にやり取りアイテムがくるらしいので、エンジンオイルといったバッテリーもついでに交換しようという。夏に向けてクルマの処理をしないといけないな。

初めての移動は鳥取砂丘。

どこに出掛けるもやっぱり便利なのは自動車ですよね。
車両のひとときとか気にせず航行に出向けるしお買いもの豊富しても自動車なら持って戻るのが楽ですよね。
自動車を買ったばかりのあたりどこに出陣しようかなと考えたパフォーマンス、遠いですが鳥取砂丘まで行くことにしました。
住居から3ひととき陥る意向でした。
まだまだ自動車にのぼり慣れていない我々無事に辿りつけるのか?って不安もありましたがかりに無事にたどり着くことができました。
ハイウェイなんてドキドキでした。
けれども初めて自家用車で行きたい場所に行けたことが本当に快くて着いた機会はしゃいでました。
初めての航行がかなり楽しかったのでそれ以来車に乗ることが穴場になりました。
自動車にのぼり始めていよいよ10カテゴリー経ちましたが今でもお休みの日になるとどこに航行しようかなって企てるのが楽しみです。
そうして自動車なら愛犬とも一緒に航行を楽しめるので愛犬も喜んでます。
これからも我々は色んな場所へお出かけすると思います。自動車にサンキュー。
自動車に乗っている限り災害には気をつけないといけませんがこれからも面白く自動車にのぼりたいとしています。

入替たいけれどこういう自家用車に代わる自家用車が思い浮かばない!

ウィークエンドになると家族で自家用車で発車をします。うちは軽自動車のアルトラパンに乗っている。乳幼児がお互いいるので、オーダーをすると車内はパンク状態です。本当は大きな愛車に取り替えたいハートもあるのですが、アルトラパンの仮面の可愛さと保持費の安さに惚れ込乗り続けている。ガソリン愛車ですが1Lでざっと15移動側走れていると思います。特にお互いのうちの行き来で長い距離を走り回ることもあるので、燃費が在るのかもしれません。当社だけでなく、子供たちもこういう愛車がさんざっぱら自分勝手だ。おんなじ車の愛車を見掛けるという、うちのラパンのヤツの色彩が愛らしいとか、ホイールを白にしたらいいのに、とか口々に話しています。少々オシャレな愛車という情景のラパンは、アパートのガレージに止めて要るだけで内装という位置付けだ。仮に切り替えるからにはいかなる愛車がいいか考えても、こういうラパンに代わる相応しい愛車が思い浮かびません。いっそラパンは置いたとおり、とうにはじめ席大きめの愛車を所有したいななんて思っているのです。

父母が買ったフォルクスワーゲンのUP

昨今うちの父母がニューモデルを購入しました。モデルはフォルクスワーゲンのアップだ。感じがコロンとしていてちょっと可愛らしい感じのクルマだ。父母は、平安という外車のわりには燃費が良いということでこういうクルマに決めたようです。以前はトヨタのプリウスに乗っていました。それでも毎日の通勤や宣伝に使用していたこともあり、走行距離が50万移動ほどになって変更に踏み切ったようです。そうして電気自動車の燃費の良さが気に入って、次に乗るのは新型のプリウスかトヨタの電気自動車のアクアにすると言っていたのですが、結果的にはフォルクスワーゲンのアップに決めていました。ともかく60年を過ぎ、平安をマキシマム重視して選んだ方がいいと思ったからだそうです。確かにアップのドアはとても頑丈に思えました。うちの日本製の自動車のドアに比べると重さが全然違う気分がしました。アップは2シャッターですが、車内は一層広々としていました。2人で乗じるには甚だ悠然としていて、配送を通じても鞄が腹一杯乗っかる感じです。私もあとあとには再度平安を重視した丈夫な外車に乗ってみたいです。